加工

FDM

「FDM」、即ち溶融堆積成形(Fused deposition modeling)は、3D印刷技術の一種であり、種々のホットメルトフィラメント材料(ワックス、abs、ナイロンなど)を加熱溶融する方法である。「FFM」(Fused Filament Modeling)や「FFF」(Fused Filament Fabrication)と呼ばれることもできる。後者の2つは、主に従来のFDM特許問題を回避するために使用されるが、コア技術の原理とアプリケーションは同じである。

FDMでは、各層は上層に積層され、上層は当層に対して位置決めと支持の役割を果たしている。高度の増加に伴い、層の輪郭の面積と形状が変化される。形状が大きく変化すると、上層の輪郭は当層に十分な位置決めと支持作用を提供できなくなるので、成形プロセスの実現を保証するため、ある程度の補助構造を設計する必要がある。

画像引用元:http://www.ejdyin.com/article/articleDetail-1585.html

FDM技術が広く利用されることができる理由は、他のラピッドプロトタイピング工程がない利点がある。具体的な性能は以下の通りである。

1.主にPLA、ABS、ナイロン、パラフィン、キャスティングワックス、人工ゴムなどの融点の低い材料、金属、セラミックなどを使う。これらも金型やPLAプラスチック、ナイロンなどの部品と製品を作るために使える。

2.FDM技術はレーザを使用しないため、レーザを用いた他のラピッドプロトタイピング技術と比較すると、製造コストが非常に低い。また、その原料利用率が非常に高く、汚染もほとんどないし、成形プロセスにおける化学変化もなく、大幅に成形コストを低減することができる。

資料引用元:

http://www.ejdyin.com/article/articleDetail-1585.html

https://baike.baidu.com/item/%E7%86%94%E8%9E%8D%E6%B2%89%E7%A7%AF%E6%88%90%E5%9E%8B/22737891

筆者:孔靖茵

2019年12月4日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com