量産

圧力鋳造

圧力鋳造は、液体/半固体の金属/合金、あるいは強化物相を含む液体金属/合金を高圧の下でより高い速度でダイカスト型のキャビティに充填し、そして圧力の下で金属または合金を凝固させ、鋳物を形成させる鋳造方法である。圧力鋳造によく使われる圧力は4~500 MPaであり、金属充填速度は0.5-120m/sとなる。

圧力鋳造の原理は主に金属液のインジェクション成形の原理のことである。通常では、設定の鋳造条件は、ダイカスト機の速度、圧力及び速度の切り替え位置によって調整される。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E5%8E%8B%E5%8A%9B%E9%93%B8%E9%80%A0/9133974?fr=aladdin

圧力鋳造の優位性

1.生産性が高く、機械化と自動化に実現しやすく、複雑な形状のある薄肉鋳物を製造することができる。

2.鋳物の寸法精度が高く、表面粗さも小さい。ダイ鋳物の寸法公差グレードは、CT 3~CT6に達することができ、表面粗さは一般的にRa0.8~3.2μmになる。

3.ダイ鋳物の中には部品を埋め込むことができる。貴重な材料と機械の加工時間を節約するだけでなく、部品の組み立て過程を代替し、組み立て工程も省き、製造工程も簡略化することができる。

圧力鋳造の利点により、圧力鋳造は広く応用されており、主に非鉄合金鋳物の大量生産に使用されている。その中に、ダイ鋳物が最も広く使われているのは自動車とトラクター製造業であり、次いで機器製造と電子機器産業であり、さらにその次が農業機械、国防産業、コンピュータ、医療機器などの製造業である。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E5%8E%8B%E5%8A%9B%E9%93%B8%E9%80%A0/9133974?fr=aladdin

https://zhidao.baidu.com/question/750986034356621052.html

筆者:孔靖茵

2019年12月3日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com