加工

光造形と3Dプリンター

光造形は、SLAまたはSLとも呼ばれ、モデル、プロトタイプ、パターンの作成に使用する3Dプリンター技術である。光造形は光重合技術を採用し、光の照射を通して小分子を結合させ、ポリマーに形成させる。すると、これらのポリマーは、固体の3Dオブジェクトを構成する。

3Dプリンター

3Dプリンターは、特定の波長と強度があるレーザーを使用し、光硬化性材料の表面に集光させて材料を硬化させ、1つの層の描画操作を完成した後、昇降台が垂直方向に1つの層の高度を移動し、またもう一つの層を硬化させることで、積層して三次元実物を構成できる方式である。

詳しくて言えば、顧客の略図により、CADデータ、または3DデータをSTL格式に変換してから再加工する。3Dデータの図面により、通常で各層に液体の樹脂を注入して硬化させるのだ。一つの層の加工処理が終わった後、部品の一つの断面を形成する。その後、また硬化した層にもう一つの液体樹脂の層を覆い、二番目の層をスキャンすることで、すると、二番目の層が前の硬化層としっかりと接着できる。このように、層々重ねて短時間で三次元の立体的な工作物のプロトタイプを作ることができる。

3Dプリンターは既に小ロットの生産、鋳造、真空鋳造、さまざまな金型などに広く使用されている。

3Dプリンターの利点 

1、短時間で必要なモデルを製造できる。

2、CADデジタルモデルから直接にプロトタイプに製造できる。

3、複雑な構造と形状があるまたは、従来の手段だと成形しにくいモデルでも加工できる。

4、短時間でモデルを製造できるので、早めに問題を発見しやすい。

3Dプリンターの欠点

1、樹脂の強度が弱いので、プレスされやすく、そして変形しやすい。

2、長時間で光にさらされると、黄変が起こる可能性がある。

3、層ごとに硬化して積層するので、層と層で差がある可能性がある。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E5%85%89%E9%80%A0%E5%BD%A2&step_word=&hs=0&pn=7&spn =0&di=60940&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&istype=0&ie=utf-8&oe=utf- 8&in=&cl=2&lm=-1&st=undefined&cs=2214153403%2C198641798&os=3806719852%2C1964902565&simid= 4149114224%2C570604044&adpicid=0&lpn=0&ln=1037&fr=&fmq=1575002261586_R&fm=&ic=undefined& s=undefined&hd=undefined&latest=undefined&copyright=undefined&se=&sme=&tab=0&width=undefined& height=undefined&face=undefined&ist=&jit=&cg=&bdtype=0&oriquery=&objurl=http%3A%2F%2Fimg.mp.it c.cn%2Fupload%2F20160928%2Ffe0008a678b94a598871ba55e41a36e8_th.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzd H3FAzdH3Fooo_z%26e3Bf5i7_z%26e3Bv54AzdH3FwAzdH3F88cdnb9nn_9bmb0b&gsm=&rpstart=0&rpnu m=0&islist=&querylist=&force=undefined

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E5%85%89%E9%80%A0%E5%BD%A2%E6%9C%AF/22810635?fr=aladdin

筆者:周文薏

2019年11月29日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com