テスト

金属プレス金型

プレス金型は、冷間プレス加工で金属または非金属の材料を部品とか半製品とかに加工するための特殊な工芸装置である。プレスは、室温の条件で、プレス機に取り付けられた金型を利用して材料に圧力を加え、材料を分離または塑性変形をさせることで、要求された部品を得る加工処理方法の一つである。

プレス生産でよく使用される材料は、金属材料と非金属材料もある。その中には、金属材料は黒色金属と有色金属が含まれている。黒色金属には、主に普通炭素構造用鋼、高品質炭素構造用鋼、合金構造用鋼、炭素工具鋼、ステンレス鋼、電気ケイ素鋼などが含まれている。有色金属には、純銅、黄銅、青銅、アルミニウムなどが含まれている。

以下では幾つかのプレス金型の金属材料を簡単にご紹介する。

炭素工具鋼

金型でより多く使用される炭素工具鋼は、T8A、T10Aなどとなる。優れた加工性があり、価格もやすいという利点を持っている。しかし、焼入れ性と赤熱硬さが悪く、熱処理の変形が大きく、軸受能力が低いという欠点もある。

低合金工具鋼

低合金工具鋼は、炭素工具鋼を基づき、適切な量の合金元素を加えた材料である。炭素工具鋼と比べると、焼入れ変形や亀裂傾向を減少し、鋼の焼入れ性を改善し、耐摩耗性も向上している。

高炭素高クロム工具鋼

よく使用される高炭素高クロム工具鋼は、Cr12、Cr12MoV、Cr12Mo1V1(コードD2)、SKD11がある。それらは良好な焼入れ性、焼入れ硬化性、耐摩耗性が備え、熱処理変形が小さく、耐摩耗性に優れた微小変形金型鋼と知られている。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E5%86%B2%E5%8E%8B%E6%A8%A1%E5%85%B7/3083562/0/a8773912b31bb051fa2d7c 46387adab44aede057?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=a8773912b31bb051fa2d7c46387adab44aede057

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E5%86%B2%E5%8E%8B%E6%A8%A1%E5%85%B7/3083562?fr=aladdin#7

筆者:周文薏

2019年11月29日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com