加工

治具について

治具とは、木工、鉄工、仕上げ工、機械、電気制御およびその他の手工芸品の道具であり、主に位置や動作にの制御を協力するための道具である。

治具は工業化時代前から広く使用されていて、機械器具、木工器具、溶接器具、宝石器具などの分野が含まれている。 その主な目的は、再現性と正確に特定の部分を再現することである。 簡単な例を挙げると、鍵をコピーする場合、元の鍵は通常で治具に固定されていることで、機械がその外観でコピーできるのである。

商業的なニーズのため、多くの器具が製造されている。その中に、カスタマイズされているものもあり、生産性を向上させたり、特定の動作を繰り返したり、作業をより精確にするためのものもある。治具を使用するのは、同じ製品が作業員が熟練な技術がなくても、治具を通じて大量の瑕疵が少なく、変異性が低い良品を生産できる。

穴あけ治具

穴あけ治具は、金型を動かすことでツイストドリル穴あけ装置やその他の穴あけ装置を各穴の正確な中心位置に導き、そして複数の交換可能な部品での穴の中心の位置決めを加速して繰り返すことができますできるツールである。例えば、ツイストドリルが治具を傷つけないように、穴あけ治具での各穴に硬いブッシングを残すやり方がある。

一方で、製造業界ではCNC工作機械(CNC)が広く使用されているため、サーボ制御装置はツールを自動的に正しい位置に移動することができる能力が備え、穴あけ治具の使用は以前より少なくなっている。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E6%B2%BB%E5%85%B7/11034448/0/9345d688d43f879431b44ddad91b0ef41ad53afe?fr= lemma&ct=single#aid=0&pic=9345d688d43f879431b44ddad91b0ef41ad53afe

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%B2%BB%E5%85%B7/11034448?fr=aladdin

筆者:周文薏

2019年11月28日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com