量産

海上油圧ドロップハンマー

ドロップハンマーとは、ウインチで巻き上げた重い物を落下させて、打ち込む土木機械で、また、つるし上げた槌を落下させて鍛造やプレスを行う工作機械のことです。

海を跨ぐ大橋や海上風力発電などの海洋工事の建設には、最初のステップとして海に杭を打ち落とす必要があります。中国では、海上杭打ち用のドロップハンマーは輸入に頼っています。しかし、2018年の4月に、中国初の超大型油圧ドロップハンマーがテストに成功しました。

この太重グループの研究開発によって生産されたドロップハンマーは、ハンマーごとに発生する力で、200トン相当の重量物が1.5メートルの高さから落下します。全部組み立てたドロップハンマーは高さ22メートル、重さは430トンに達します。その任務は、海上風力発電などの海上工事の杭を、百メートル近くの深海にしっかり打ち落とすことです。

画像引用元:http://ocean.china.com.cn/2018-05/09/content_51186623.htm

中国製のドロップハンマーは優れた性能だけではなくて、お客様が断りにくい価格優位とサービス優勢を持っています。一つ目の利点はコストが海外より低くて、最低30%ぐらいになります。その上、性能も国外の要求を達します。さらに、最も重要な利点は、ドロップハンマーのメンテナンスが便利で、メンテナンスや操作も海外より非常に便利です。

この海上油圧ドロップハンマーの開発は、中国の海上開発能力を促進しました。現在、中国の海上ドロップハンマー技術は大きく進歩しました。

資料引用元:

http://ocean.china.com.cn/2018-05/09/content_51186623.htm

https://kotobank.jp/word/%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC-586490

筆者:钟珮瑜

2019年11月27日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com