表面

高周波焼入

高周波焼入はワークの表面に一定の誘導電流を発生させ、部品の表面を急速に加熱して焼き入れをする金属熱処理方法であり、工業用金属部品の表面焼入に多く用いられている。その中に、誘導加熱装置とは、ワークを誘導して加熱し、表面焼き入れを行う装置である。

高周波焼入の原理は、中空の銅管で囲まれたセンサー内にワークを入れ、中間周波または高周波の交流電流(1000 Hzから300000 Hzまでまたは以上)を通してワーク表面に同じ周波数の誘導電流を形成することである。交流磁場が発生するとワーク中で同じ周波数の誘導電流が発生する。こんな誘導電流はワークの分布に不均一であり、表面では強いが、内部では弱いということであり、真ん中ではゼロに近くなる。この効果を利用してワークの表面を急速に加熱し、数秒間で表面温度は800℃から1000℃まで上昇することができる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E9%AB%98%E9%A2%91%E6%B7%AC%E7%81%AB/3246870?fr=aladdin

高周波焼入の特徴

1.加熱速度が非常に速いので、温度範囲を拡大し、転換時間を短縮することができる。

2.焼き入れ後、ワークの表層は極細の隠れ晶マルテンサイトが得られ、硬度はやや高い。

3.このプロセスで処理されたワークは酸化しにくく、また一部のワークが処理された後に直接組み立てて使用することができる。

4.ハード層の焼き入れが深く、操作を制御しやすく、機械化・自動化を実現すろことが容易である。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E9%AB%98%E9%A2%91%E6%B7%AC%E7%81%AB/3246870?fr=aladdin

https://zhidao.baidu.com/question/136531795931203765.html

筆者:孔靖茵

2019年11月26日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com