成型

熱間鍛造型の鍛造前の加熱方法

一般的に、金属の再結晶温度以上に行う鍛造工芸は熱間鍛造と言われます。鍛造する時、変形金属の流れが激しくて、部品と金型を接触する時間が長いため、金型材料に高い熱安定性、強い高温強度および強度、さらに加工しやすいという特徴が要求されている。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail? ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E7%83%AD%E9%94%BB&step_word=&hs=0&pn=13&spn=0&di=169290&pi= 0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&istype=0&ie=utf-8&oe=utf- 8&in=&cl=2&lm=-1&st=undefined&cs=1743697543%2C2959644645&os=4284544855%2C3359149055&simid=575 52783%2C716696161&adpicid=0&lpn=0&ln=1223&fr=&fmq=1569570569747_R&fm=&ic=undefined&s=undefined &hd=undefined&latest=undefined%C2%A9right=undefined&se=&sme=&tab=0&width=undefined&height=undef ined&face=undefined&ist=&jit=&cg=&bdtype=0&oriquery=&objurl=http%3A%2F%2Fwww.xianjichina.com%2Fd ata%2Fediter%2F20170727%2Fimage%2F43e94c61dd19e5e361fcbc7b17f39d2b.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzd H3FAzdH3Fooo_z%26e3Bxtwg3tvitgw_z%26e3Bv54AzdH3FgjofAzdH3F1jpwtsf_9n0la_z%26e3Bip4s&gsm=&rpst art=0&rpnum=0&islist=&querylist=&force=undefined

金属未加工品の鍛造前の加熱は鍛造の生産率にの向上、鍛造部品の質量にの保証およびエネルギー消費の節約に直接的な影響があります。金属未加工品の加熱方法は、採用する熱源によって火炎加熱と電気加熱に分けられます。

火炎加熱

火炎加熱とは燃料(ガス、ディーゼル油など)を利用して、火炎加熱炉で燃やして、大量の熱エネルギーがある高温気体が生じて、その後対流、放射線を通して、熱エネルギーを未加工品の表面に伝導して、また表面から中心に熱を伝導して、金属未加工品を加熱するということです。。

火炎加熱の長所:

1、燃料が手に入りやすいです。

2、ストーブの製造と修理が比較的に簡単です。

3、加熱費用が比較的に低いです

4、未加工品にの適用範囲が広いです。

火炎加熱の欠点:

1、労働条件が悪いです。

2、加熱スピードが遅いです。

3、効率が低いです。

4、加熱質量がコントロールしにくいです。

電気加熱

電気加熱は電気エネルギーを熱エネルギーに転換することによって、金属未加工品を加熱することです。

1、誘導電気加熱

センサーで交流電流を通じた後生じる交流磁場作用の下で、金属未加工品の内部で渦電流を生じる次第、渦電流と磁化の発熱を通して金属未加工品を加熱することです。

2、接触電気加熱

金属はある程度の電気抵抗を備えて、電流を通すと熱量を発生するのです。ですので、接触電気加熱の原理は直接に金属未加工品に低圧大電流を通した後、熱が生じて、金属未加工品を加熱することです。

接触電気加熱の特徴は加熱するスピードが速くて、金属にの損害が比較的に低くて、そして加熱の温度範囲は制限されていなく、コストが低いことなどです。しかし、金属未加工品の表面にも厳しい要求があるので、加熱温度の測定とコントロールも比較的に難しいです。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%83%AD%E9%94%BB/6084058?fr=aladdin

筆者:羅景粮

2019年9月25日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com