量産

フォージングプレスの現状

フォージングプレスは、加熱した金属を金型の間に挟み込んで、高い圧力をかけて目的の形状へ加工する設備です。型打鍛造より高価な金型を使用するのでコストは増加しますが、精度にムラが少なく、安定した品質で生産が可能です。そのため、小ロットに向かず、大ロットに適しています。ロール付きのフォージングプレスもあります。

現在、中国のフォージングプレス機は種類が豊富で、数量が年々増加し、全体的にレベルが高くて、国民経済の高速発展や輸出の需要に対応できます。そして、フォージングプレス機には伝統的な機械のほか、CNフォージングプレス機もあります。CNフォージングプレス機は、伝統的なフォージングプレス機より高精度、高効率、複雑な加工に対応できることなどのメリットを持っているため、今後伝統的にフォージングプレス機を取って代わるものになるでしょう。

しかし現在、中国ではCNフォージングプレス機を導入した企業は10%しかありません。世界と比べてまだ低いレベルです。その理由は、国産のフォージングプレス機は品質が輸入品より低いところにあります。そこで、中国のフォージングプレス機は下記のような発展が求められています。

1、精密化

フォージングプレス機は精密化すればするほど、製品の精度が上がり、材料の損耗が下がり、金型の寿命を延長し、コストを削減することができます。

2、効率化

効率というのはスピードの向上だけではなく、多種類の機械を一つにすることも指します。そのため、海外のフォージングプレス機はスピードの向上、あるいは多種類の機械という二つの方向へ発展しています

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E9%94%BB%E9%80%A0%E8%AE%BE%E5%A4%87/9975134/0/d50735fae6c d7b8904953490002442a7d9330e23?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=58af236dfae4c3ce431694f2

資料引用元:

http://www.cntsdy.com/display444.html

http://www.asahi-tekko.co.jp/facility/221/

筆者:孔德珩

2019年11月24日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com