加工

熱板溶着 車のライト業界もよく使われる

熱板溶着は、熱板接触、熱吸収溶融、熱板取出しと接合四つのプロセスから完成する。例としては、ライトカバーとライト筐体の溶筋を同時に熱板に接触して加熱し、溶着筋を溶融状態になさせ、その後熱板を取り出し、溶融面を接合し、加圧してそのままの状態を自然冷却が終わったまで維持する。

この技術は一般的に板引出し式を採用し、電気加熱の原理を利用し、熱板装置を加熱することで、ワークピースを溶融するのである。そのため、製品の材料、サイズに制限されていなく、製品のデザインの自由度はかなり高い。そして、その密閉性が優れたので、製品の形状によって異なる規格に熱板金型をつくることができる。しかし、溶着面では微細な気泡を発生し、熱板から離れつ時、糸状の樹脂が出てくる可能なので、外観は美観性が足りなく、模様などの措置でカバーする必要がある。また、熱板を加熱し、しかも溶着面を溶融させる必要があるため、ワークピースの生産サイクルは比較的に長い。

外観性を高め、気泡発生率を低減するには、以下のような対策を採用することができる。

1、長い間かつ低温の溶着条件を維持する。

2、熱板の表面で仕上げ加工を行う必要がある。

3、製品の溶着面と熱板の接合精度を高める。

4、溶着面の形状はなるべくシンプル化にする。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E7%83%AD%E6%9D%BF%E6%BA%B6%E6%8E%A5&step_word=&hs=0&pn=1&spn= 0&di=148940&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&istype=2&ie=utf-8&oe=utf-8&in=&cl=2&lm=-1&st=-1&cs=3773804008%2C3190766632&os=2778102206%2C386449573&simid=3356 837619%2C4259893192&adpicid=0&lpn=0&ln=1335&fr=&fmq=1574397952697_R&fm=result&ic=&s=unde fined&hd=&latest=&copyright=&se=&sme=&tab=0&width=&height=&face=undefined&ist=&jit=&cg=&bdty pe=0&oriquery=&objurl=http%3A%2F%2Fimg002.hc360.cn%2Fk3%2FM0F%2F2F%2F13%2FwKhQx1hBM HmEU7lxAAAAAI9KznE735.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fkdk_z%26e3Bivnma_z%26e3Bv54 AzdH3Ff7rrsyfjsuAzdH3Fm9mbb90md_z%26e3Bip4s&gsm=&rpstart=0&rpnum=0&islist=&querylist=&force=undefined

資料引用元:https://www.docin.com/p-1761743767.html

筆者:周文薏

2019年11月22日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com