表面

真空焼きなまし

真空焼きなましとは、部品が焼きなますをするときにある程度の明るさを持たせることである。鋼、銅、およびその合金に加えて、チタン、モリブデン、ニオブ、ジルコニウムなどのガスに対して強い親和性を持ついくつかの金属にの処理も応用できる。

以下ではよく見られる真空炉での焼きなまし処理方式の中の二つ――応力除去焼きなまし処理と軟化焼きなまし熱処理を簡単にご紹介する。

応力除去焼きなまし処理

応力除去焼きなまし処理の主な目的は、鍛造、鋳造、機械加工、または溶接によって生じる残留応力を除去することである。この残された応力は、ワークピースの強度の低下をもたらし、時間が経つと変形させ、そして材料の靭性と延性に悪い影響を与える。ですので、応力除去焼きなまし処理は、寸法にの要求が厳しいワークピース、安全面の患いがある機械部材にとっては非常に重要なのだ。

軟化焼きなまし熱処理

軟化焼きなまし熱処理の熱処理プロセスは、ワークピースを600°Cから650°C(A1の温度未満)の範囲に加熱し、ある時間で空冷を維持することだ。主な目的は、硬化したワークピースを再び軟化し、元の靭性を回復することである。この熱処理の方法は、冷間加工プロセスで繰り返し実行されるため、プロセス焼きなましとも呼ばれている。ほとんどの金属が冷間加工された後、材料の強度と硬度は加工量の増加とともに増加し、材料の延性と材料の脆性を低減にしていく。また、加工が必要な場合には、加工を継続するために軟化焼きなまし熱処理のプロセスをお先に行う必要がある。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail? ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E7%9C%9F%E7%A9%BA%E9%80%80%E7%81%AB&step_word=&hs=0&pn=0&spn=0&di= 113080&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&istype=0&ie=utf-8&oe=utf- 8&in=&cl=2&lm=-1&st=undefined&cs=2747686127%2C4217249928&os=2436945198%2C496620777&simid=4237493610%2C62 3575006&adpicid=0&lpn=0&ln=974&fr=&fmq=1574312511639_R&fm=&ic=undefined&s=undefined&hd=undefined&latest=unde fined&copyright=undefined&se=&sme=&tab=0&width=undefined&height=undefined&face=undefined&ist=&jit=&cg=&bdtype=0 &oriquery=&objurl=http%3A%2F%2Fimg004.hc360.cn%2Fm8%2FM07%2F28%2FAD%2FwKhQplW4pHGEIQSTAAAAACSCjjY5 02.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fkdk_z%26e3Bivnma_z%26e3Bv54AzdH3FetjoPtvfAzdH3Ff7rrsyfjsu_rtvfAzdH3F 8lb9acna0_z%26e3Bip4s&gsm=&rpstart=0&rpnum=0&islist=&querylist=&force=undefined

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%9C%9F%E7%A9%BA%E9%80%80%E7%81%AB/5439798?fr=aladdin

https://wenku.baidu.com/view/e196d329fd0a79563c1e72e2.html

筆者:周文薏

2019年11月21日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com