テスト

宝飾品設計の五大流派

現在、ますます多くの人が宝飾品を収集し始めるが、その価値に対する認識は材質の段階に留まっており、まだ審美の段階に達しなかった。宝飾品設計は本質的に視覚芸術に属し、五つの流派に分けられる。

寓意流設計

この設計は黄金と翡翠の中で最も広く使われている。特に中国の伝統的な宝飾品設計においては最もよく体現されている。宝飾品デザイナーは、より多くの感情的なアイデアを注入し、柄を通してさまざまな意味を表現する。例えば、幸福を求め、吉凶を避け、幸運を祈るという願いが込められている。

象徴流設計

現代の象徴流の宝飾品デザイナーは伝統の象徴的意味を引き継くとともに、新しいアイデアを使用している。デザイナーは自分の考えを表現したり、発散したりするために、直感的なイメージを使わなく、やや晦渋な設計手法を使って表現する。

写実流設計

自然界の草、花、木、虫などはもちろんデザイナーたちの最高の霊感の源である。

画像引用元:http://mini.eastday.com/mobile/191012193406577.html#

工芸設計

工芸流設計といえば、思わず「職人精神」を思い出す。これらの職人たちが数十年か何代目かにわたって受け継がれてきたからこそ、私たちの目に見えない新しい工芸が現れた。現在では、工芸として宝飾品設計に使われ、多くの場合では、ゴールド宝飾品に使用されている。

情趣設計

情趣流設計の宝飾品はデザイナーの感情の追求と反映である。デザイナーと消費者も異なる宝飾品を通して人柄、気質や情趣を表現することができる。

資料引用元:

http://mini.eastday.com/mobile/191012193406577.html#

http://kuaibao.qq.com/s/20191008A0JW3V00?refer=spider

筆者:孔靖茵

2019年11月20日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com