量産

耐熱性材料

耐熱性材料は通常で1580℃以上の温度に耐えうる無機材料のことを指し、主に金属化合物や非金属化合物に分けられる。その中で、金属化合物は、タングステン、モリブデン、タンタル、ニオブ、バナジウム、クロム、チタン、ジルコニウム、ホウ化物、炭化物、窒化物、シリサイド、リン化物、硫化物などを含む。非金属化合物は炭化ホウ素、炭化珪素、窒化硼素、窒化シリコン、リン化硼素、リン化シリコンが含まれている。

非金属化合物の耐熱性材料は非常に重要な用途がある。それらは研磨材、鋳型、ノズルのような耐火材料、ロケットの構造素子、核工事材料、電気部品のような耐高温材料、またはパイロット電極のような電気工学材料として用いられる。

一方で、耐熱性材料は塗料としても使える。一般的に石英砂、粘土、マグネサイト、ドロマイトなどを原料にして作られ、耐熱性、断熱性、熱保存性を有する成分無機コーティングの一種であり、耐熱性材料を必要とする窯、燃焼室及び他の建築によく使用されている。その温度抵抗範囲は-80℃から1800℃までであり、熱伝導率は0.03 W/m.Kである。だからこそ、高温物体と低温物体の熱放射と伝導熱を抑制でき、高温物体に対して70%の熱量を維持することができる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E8%80%90%E9%AB%98%E6%B8%A9%E6%9D%90%E6%96%99/6422291

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E8%80%90%E9%AB%98%E6%B8%A9%E6%9D%90%E6%96%99/6422291

https://zhidao.baidu.com/question/390401631776097885.html

筆者:孔靖茵

2019年11月20日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com