量産

3Dプリント技術により自動車の軽量化を実現

軽量化という概念は最初にモータースポーツで生まれました。「省エネ・環境保護」が話題になりつつ、軽量化も一般的な自動車の分野に広がって、操作性を高めるとともに、優れた省エネ性能を発揮します。

自動車の燃費は主にエンジンの排気量と自動車の品質に依存しています。自動車全体の品質、性能とコストの安定、さらに最適化を維持することを前提として、自動車自身の重量を下げることで、出力電力を高めて、騒音を低減して、操作性を高めて、信頼性を高めて、車のスピードを高めて、燃費を下げて、排気ガスの排出量を減らして、安全性を高めることができます。そのため、車体が軽くなることは、全車の燃費、車両の制御安定性、衝突安全性に大きな効果があります。

現在目覚ましく発展している3Dプリントは自動車の軽量化に大きく貢献します。自動車製造の分野では、3Dプリント技術があれば、部品の生産過程で旋盤が必要なくて、そして繰り返して生産した増材工芸もより軽くて良い部品を作り出して、直接に車両に取り付けることができます。それによって、開発時間と生産コストを大幅に減少できます。

3Dプリント技術を使用する優位性

1、制作周期が短くて、コストを節約できます。

2、いかなる複雑な構造があっても速くて製造できます。

3、カスタマイズできて、そして工程の簡素化も実現できます。

画像引用元:http://www.simmtime.com/news.htm?dId=1230

自動車業界にとって、設計から研究開発まで、小ロット試作から大量の製造に至るまで、3Dプリント技術は既存の技術と比べて優れた応用実行可能性があります。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/轻量化/80128#1

http://www.simmtime.com/news.htm?dId=1230

筆者:钟珮瑜

2019年11月20日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com