テスト

どのように鋳造金型の構造を合理的に設計するか?

鋳造金型は加工技術に大きな役割を果たしているので、鋳造金型設計にも十分注意する必要がある。では、鋳造金型の構造についてどのように合理的に設計するのか。以下では簡単にご紹介する。

1.鋳造金型の各部分の寸法は、加工部品の寸法と力の大きさによって合理的に計算すべきである。また、合理的な強度、剛性、各種構造パラメータを確定するために、コンピュータ支援計算及び設計を採用しなければならない。

2.高速ブランキング金型、超硬合金連続金型、多キャビティ複合金型、鍛造金型の応力と強度を正確に計算し、それらのパラメータを合理的に確定する必要がある。

3.凸面金型設計には、ガイドサポートや中央揃え装置にの保護を注意する必要がある。

4.フレームに対しては、たわみ変形を防止するために、テンプレートの厚さを適切に増加させることができる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E9%93%B8%E9%80%A0%E6%A8%A1%E5%85%B7/2851613?fr=aladdin

5.材料降ろし板の構造設計は、隙間が均一であり、降ろす力が安定するように注意すべきである。

6.応力集中を減らすためには、尖った部位や狭い溝などの部位に円弧転移が必要である。角が1 mmから5 mmまで増加すると、応力は40%減少されることができる。

7.鋳造金型設計の時、できるだけ仕事の部品にスペルリング構造または作業部分を基体と異なる材料で作らせる。そうすると、鋳造金型の強度と耐摩耗性を保証し、応力集中を回避すろことができる。

8.鋳造金型の応力分布を均一にするために、冷間プレスダイはワイヤ巻き構造を採用する。こうすれば、鋳造金型の寿命を効果的に高めることができる。

9.合理的に隙間値を選択するべきだ。合理的に隙間を拡張することで、明らかに鋳造金型の寿命を向上できる。

10.デザインする時、鋳造金型に振動減少措置を採用するべきだ。これも鋳造金型の寿命を向上する主な方法の一つである。

資料引用元:

https://club.1688.com/threadview/53179573.htm

http://www.bjjlhw.com/9469.html

https://baike.baidu.com/item/%E9%93%B8%E9%80%A0%E6%A8%A1%E5%85%B7/2851613?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2019年11月19日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com