量産

CR(Chloroprene Rubber)

CR(Chloroprene Rubber)は塩素ブタジエンを主原料として人工的に合成された高分子化合物である。その構造が比較的整然で、極性の大きい塩素原子を持っているので、結晶性が高い。それにより、CRが室温の下で良い接着性能と大きい凝集強度があり、接着剤として使用するのが最適である。

CRは多くの優位性がある。例えば、耐張強度が高く、そして耐熱、耐光性、耐老化性も良く、さらに耐油性が天然ゴム、ブタエンゴムより優れているということである。また、強い耐燃性と優れた耐延燃性を持ち、化学的安定性も高い。一方、CRは電気絶縁性を持ち、耐寒性が悪いという欠点がある。

画像引用元:https://zhidao.baidu.com/question/2268629781938066148.html

CRは乳化重合により製造されている。その製造プロセスは、主にポットポットバッチ重合である。重合温度はほとんど40℃から60℃までに制御され、変換率は約90 %である。一つ注意すべき点は、重合温度、最終転化率が高すぎ、または重合中に空気(酸素)に入ると、製品の品質が低下されるのことである。

CRは異なる技術分野で使用でき、主にゴム工業に使用される。しかし、接着剤の原料とするCRも非常に重要で、そして他の用途もあり、特に弾力性に関する用途も幅広い。例えば、輸送ベルト、電線、ケーブルのカバー材、耐油ホース、ワッシャなどにもよく使われている。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/d1d21213f18583d0496459ed.html

https://zhidao.baidu.com/question/2268629781938066148.html

https://baike.baidu.com/item/%E6%B0%AF%E4%B8%81%E8%83%B6/9111302

筆者:孔靖茵

2019年11月19日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com