加工

サブマージアーク溶接

サブマージドアーク溶接とは、アークがフラックス層の下で燃焼し溶接する方法である。近年、多くの効率的で高品質の新しい溶接方法が相次いで出てきているが、サブマージアーク溶接の応用分野はまだ何も影響されていない。種々の溶接方法における溶着金属の重量から見れば、サブマージドアーク溶接は約10 %を占めており、しかも数年以来ずっとあまり大きな変化はない。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E5%9F%8B%E5%BC%A7%E7%84%8A/8369852?fr=aladdin

サブマージドアーク溶接の利点

1.生産性が高い

サブマージドアーク溶接は、導電性ノズルから延びる溶接ワイヤの長さが短いため、より大きな電流を使用ことができ、しかも相応の電流密度も大きい。その上、溶接剤とスラグの断熱作用で熱効率がかなり高くなり、溶融深さも大きくなり、生産性を高める。

2.品質が良い

サブマージドアーク溶接は、スラグを成形することでシールと効果を高め、外界の空気を遮断するだけでなく、溶融金属プールの冷却速度を遅くし、液体金属と溶融した溶接剤の間で冶金反応を行う時間を長くすることもできる。さらに、気孔、亀裂などの状況が発生することを避けられる可能性が高い。

3.溶接材料と電気エネルギーを節約できる

サブマージドアーク溶接は溶接熱の入力が大きいため、溶接する時ではI角形の傾斜口または角度の傾斜口を開け、充填金属量を減少させることができる。また、溶接剤とスラグによるシールドがあるので、金属の飛び散る損失と熱量損失を減少させ、溶接材料と電気エネルギーを節約できる。

4.操作条件が良い

サブマージドアーク溶接は機械化操作であるため、労働強度が低い。そして溶接剤層の下でアークが燃焼し、有害ガスがより少なくなれるとともに、アーク放射もない。それゆえ、溶接作業者の体に対するダメージが小さい。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E5%9F%8B%E5%BC%A7%E7%84%8A/8369852?fr=aladdin

http://www.360doc.com/content/18/0715/09/41577871_770485044.shtml

筆者:孔靖茵

2019年11月19日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com