量産

SBRの発展状況

SBRは合成ゴムの発泡体で、手触りがきめ細かく、柔軟で、弾力性に富んでおり、そして耐震、保温、不透水、不通気などの特徴があります。SBRはブタジエンとスチレンの共重合によって作られます。製造方法によって、乳液重合と溶液重合に分けられ、その総合性能と化学安定性は高いです。

画像引用元:http://www.rqhuachuang.com/hcproducts/hcproduct.html

SBRは天然ゴムの代わりにタイヤ、ゴム靴、ゴムチューブ、テープ、その他の汎用製品などを作ることができます。近年、コストの低下と多くの専門制品メーカーの力押しに伴って、応用分野がますます広がる新型材料となっています。

SBRの発展について、前期の高速発展を経た後、中国のSBRの生産能力は過剰になり、国内総生産能力は200万トン/年に達しました。注目すべきは、国内のSBR装置において、ESBRが総生産能力の70%以上を占め、生産能力が過剰になり、製品同質化が深刻で、業界の利益が持続的に低下していることです。一方で、SSBRの生産能力はごく一部を占めていますが、国際水準より低いです。

しかし、全世界市場のグリーン及び高性能タイヤに対する注目度が高くなるにつれて、転がり抵抗が小さく、滑りにくく、耐摩耗性に優れているなどの特徴を持つSSBRはグリーンタイヤ、滑り止めタイヤ、超軽量タイヤなどの高性能タイヤに広く応用される見込みです。そのため、SSBRはSBR業界の新たな発展のハイライトとなる可能性が高いです。

資料引用元:

http://www.cinic.org.cn/hy/hg/537961.html

https://baike.baidu.com/item/SBR/4580501#viewPageContent

筆者:钟珮瑜

2019年11月18日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com