成型

薄肉成形型の現状

薄肉とは1.6-3.2mm程度の鋼材の板厚です。日常生活において、特に出前用のプラスチックの弁当箱に使用されています。現在、中国では出前業界の発展や人々の生活スタイルにつれて、プラスチックの弁当箱の生産量が大幅に増加しています。

近年、薄肉成形の市場規模が年々上がっています。ポリプロピンレンの薄肉成形型は製品の重量やサイズの減少、生産時間の減少、材料の節約やコストの削減などのメリットを持っているため、プラスチック業界の注目を集めています。さらに、プラスチック業界における最新の研究のホットスポットになっています。

2009年ー2018年のプラスチックの弁当箱のデータを分析した結果、2018年プラスチックの弁当箱の販売額が436億元に達して、2010年の155億元の販売額と比べて181.29%増加したことがわかりました。この結果からみると、プラスチックの弁当箱の生産量は素早いスピードで増加していくことがわかりました。

また、薄肉成形型の生産地域からみると、主に中国の東北、華北、西北地域に集中しています。その中、華北地域の生産量は全国のトップになり、全国の32%占めています。その次は東北で、全国の27%占めています。

しかし、2018年4月27日華北地域ではプラスチックの弁当箱を制限する政策を打ち出したことにつれて、当地域の生産量は明らかに減少しました。それにしても、需要が高いので、薄肉業界に入る企業は少なくありません。そこで、政策に背かず、環境に優しい製品の製造が期待されています。

画像引用元:http://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E5%A1%91%E6%96%99%E9%A5%AD%E7%9B%92&hs=0&pn=3&spn= 0&di=12210&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&ie=utf-8&oe=utf- 8&cl=2&lm=-1&cs=221728548%2C980631872&os=768443878%2C456194578&simid=0%2C0&adpicid=0&lp n=0&ln=30&fr=ala&fm=&sme=&cg=&bdtype=0&oriquery=%E5%A1%91%E6%96%99%E9%A5%AD%E7%9B %92&objurl=http%3A%2F%2Fm.360buyimg.com%2Fpop%2Fjfs%2Ft24157%2F8%2F1790651340%2F67714% 2Fd2e5e3cc%2F5b696f8dN6cee0353.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fooo_z%26e3B31_z%26e3B v54AzdH3FrikAzdH3FzitfitAzdH3Fub88009mvjjkbbu1_z%26e3Bip4s&gsm=&islist=&querylist=

資料引用元:

https://www.su-liao.com/html/xinwen/xingyexinwen/16661.html

http://www.myplas.com/87226.html

筆者:孔德珩

2019年11月16日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com