加工

プラズマ溶接

プラズマ溶接とは、溶接熱源として高エネルギー密度のプラズマアークを利用する溶接方法である。プラズマ溶接で使用される電極は一般的にタングステン電極であり、時には金属(電極ワイヤ)で充填する必要がある。プラズマ溶接は本質的には圧縮効果があるタングステン電極のガスシールドアーク溶接法の一種である。

また、プラズマ溶接溶接は高品質の溶接方法に属する。プラズマ溶接は、溶接ビードの深さ・幅の比例が大きく、熱影響エリアが狭く、ワークピースの変形が小さく、溶接可能な材料の種類も多い。特にパルス電流プラズマアークと溶融電極プラズマアークの発展は、プラズマ溶接の使用範囲を拡大した。

プラズマ溶接は工業生産に広く応用されており、とくに航空宇宙飛行などの軍事工業と先端工業技術が使用する銅と銅合金、チタンとチタン合金、特殊鋼、ステンレス鋼、モリブデンなどの金属の溶接に使用されている。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%AD%89%E7%A6%BB%E5%AD%90%E5%BC%A7%E7%84% 8A/8369029?fr=aladdin

プラズマ溶接の特徴

プラズマ溶接はエネルギーが集中し、生産性が高く、溶接速度が速く、応力の変形が小さく、アークが安定しており、そして薄板と箱材の溶接に適するなどの特徴を持っている。それゆえ、特に各種類の融解しにくく、酸化しやすく、熱感応性が強い金属材料(例えば、タングステン、モリブデン、銅、ニッケル、チタンなどである)の溶接に適している。

また、プラズマ溶接には小穴効果があり、エネルギー密度が高く、貫通能力が強く、10 mm~12 mmの厚さがある鋼材に傾斜口を開けずに溶接することができるなどの特徴がある。しかし、設備がかなり複雑で、ガス消費量も多く、そしてワークピースにの清潔が厳しいくて要求されるので、室内溶接だけに適合する。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%AD%89%E7%A6%BB%E5%AD%90%E5%BC%A7%E7%84%8A/8369029?fr=aladdin

http://m.elecfans.com/article/988382.html

筆者:孔靖茵

2019年11月9日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com