表面

ダイレクト印刷

ダイレクト印刷はCTP(computer to plate)技術とも呼ばれ、電子画像処理システム(CEPS)またはカラーデスクトップシステム(DTP)で編集されたデジタルやページを直接プレートに転送する製版技術である。CTPは1980年代に登場し、直接製版技術の研究の初期段階だと言われている。

CTPの特徴については、材料方面では、写真フィルムとそのリンス化学物質を略することができる。また工芸方面では、フィルムの露光リンス、修正、印刷などのプロセスが省略できる。デバイス方面では、暗室とフィルム露光の条件が省略されることができる。効率方面では、コストも削減し、時間とスペースも節約できる。品質方面では、画像転写の品質が大幅に改善され、環境汚染が削減されることができる。

一方で、ダイレクト印刷システムは、インナードラムタイプ、アウタードラムタイプ、フラットタイプ、カーブタイプという四種類に分けられる。そのうちに、最も使用されているのはインナードラムタイプとアウタードラムタイプであり、フラットタイプは主に新聞などの大幅な盤面印刷に使用され、カーブタイプはほぼ使用されていない。

また、技術面では、熱技術(通常はレーザーイメージング)、紫色レーザー技術、UV光源技術に分けられている。さらに、自動化の程度から分類すれば、手動スタンドアロン、半自動、完全自動、ハイブリッド(CTF-computer to filmとCTP-computer to plate)に分けられる。

画像引用元:

https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E7%9B%B4%E6%8E%A5%E5%88%B6%E7%89%88&step_word=&hs=0&pn=16&spn=0&di=4400&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&istype=0&ie=utf-8&oe=utf-8&in=&cl=2&lm=-1&st=undefined&cs=3468453127%2C2175110314&os=3247021940%2C1127422625&simid=4195681490%2C574062043&adpicid=0&lpn=0&ln=1160&fr=&fmq=1573703626503_R&fm=&ic=undefined&s=undefined&hd=undefined&latest=undefined&copyright=undefined&se=&sme=&tab=0&width=undefined&height=undefined&face=undefined&ist=&jit=&cg=&bdtype=0&oriquery=&objurl=http%3A%2F%2Fimg011.hc360.cn%2Fm1%2FM01%2F5C%2F79%2FwKhQcFQ8xJqETsLyAAAAAPKbdSY331.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fkdk_z%26e3Bivnma_z%26e3Bv54AzdH3Ff7rrsyfjsuAzdH3Fndamma090_z%26e3Bip4s&gsm=&rpstart=0&rpnum=0&islist=&querylist=&force=undefined

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/CTP/31495

筆者:周文薏

2019年11月14日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com