量産

ウレタンゴム

ウレタンゴムは、ポリエステル(またはポリエーテル)とジイソシアナミドのポリマーであり、 その化学構造は一般的な弾性ポリマーよりも複雑であり、分子鎖にはよくウレタン基の他に、エステル基、エーテル基、芳香族基などの基が含まれている。

ウレタンゴムの性能

(1)耐摩耗性が優れている。耐摩耗性はすべてのゴムの中で最も優れている。 実験質の測定結果によると、ウレタンゴムの耐摩耗性は天然ゴムの3〜5倍であり、実際の用途では10倍ぐらいに達することがある。

(2)ショア硬度A60からショア硬度A70までの硬度範囲で、高強度と優れた弾性を持っている。

(3)優れた衝撃吸収性がある。 室温では、ウレタンゴムの緩衝要素は振動エネルギーの10%〜20%を吸収でき、そして振動周波数が高いほど、エネルギー吸収効果がより大きくなる。

(4)良好な耐油性および耐薬品性を持つ。 ウレタンゴムは非極性鉱油との親和性が比較的に低いので、燃料油(灯油、ガソリンなど)および機械油(作動油、モーター油、潤滑油など)でほとんど浸食されていない。しかし、その欠点は、アルコール類、エステル類、ケトン類および芳香族化合物の膨潤性が大きいことである。

(5)摩擦係数が比較的に高く、一般に0.5を超えている。

(6)耐低温性、耐オゾン性、耐放射線性、電気絶縁性、および良好な接着性能を持っている。

ウレタンゴムの応用

ウレタンゴムはまず陸上競技用プラスチックトラックスポーツコートに応用でき、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、テニスなどのコートも含め、室内コートと室外コートに分けられる。このプラスチック製コートは、木製コートより寿命が長く、そして耐摩耗性、耐油性、耐天候老化性を持っており、弾力性もちょうど良く、さらに優れた衝撃吸収性能を備えている。また、ウレタンゴムが優れている性能があるので、自動車工業では、自動車のバンパー、ステアリングホイール、自動車の周辺部品に応用できる。その他に、ウレタンゴムは摩耗が少なく、摩擦係数が高く、騒音が少ないという利点もあるため、伝送装置にもよく使われている。

画像引用元:https://www.sohu.com/a/206890259_99976305

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E8%81%9A%E6%B0%A8%E9%85%AF%E6%A9%A1%E8%83%B6/8730602?fr=aladdin

筆者:周文薏

2019年11月14日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com