加工

アーク溶接

アーク溶接は、工業生産で最も広く使用されている溶接方法である。まず溶接する予定の金属とアーク溶接棒が互いに接近してアークを生成し、その後アーク放電(通称「アーク燃焼」と呼ばれている)が生じた熱量を利用し、アーク溶接棒とワークピースを互いに溶融し、凝縮した後溶接継ぎ目を形成することで、頑丈な継ぎ手を得るという溶接過程なのだ。

アークは、溶接電源から給電し、特定の電圧下で、電極とワークピースの間で強烈で持続的な放電現象を発生させる。アーク溶接の本質はガス伝導なのだ。つまり、アークがある空間でのニュートラルガスが特定の電圧下で、プラス電荷に帯電した正イオンの電荷と負の電荷に帯電した電子に分解された(イオン化と呼ばれる)後、この二種類の帯電粒子はそれぞれ極の方に移動し、局部のガスが電気伝導をさせ、アークを形成させるということである。アークは電気エネルギーを熱エネルギーに転換でき、金属を加熱して溶かし、溶接継ぎ手を形成できる。

アーク溶接はすべての金属材料の溶接に使用できる。例えばアルミニウム、マグネシウム、銅、ステンレス鋼、炭素鋼、低合金構造鋼などの材料の溶接にも応用できる。また、アーク溶接は簡単な鋼筋の継ぎ手の殺ぎ継ぎに応用できるので、多くの軌道交通業にも広く使用されている。さらに、アーク溶接と切断は水中でも作業できるので、沈んだ船の引き上げ、船舶の水中部分の修理、各種類の水利工事作業に応用できる。現在、各国は主にサブマージアーク溶接方法で、大径かつ高強度のストレートシーム溶接管とスパイラルシーム溶接管を生産している。

画像引用元:http://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E7%94%B5%E5%BC%A7%E7%84%8A%E6%8E%A5&step_word=&hs= 0&pn=0&spn=0&di=105820&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&istype=2&ie=utf-8&oe=utf- 8&in=&cl=2&lm=-1&st=-1&cs=155436827%2C632375200&os=1331474615%2C4042369999&simid=0%2C0& adpicid=0&lpn=0&ln=1287&fr=&fmq=1573700384265_R&fm=result&ic=0&s=undefined&hd=0&latest=0&c opyright=0&se=&sme=&tab=0&width=&height=&face=undefined&ist=&jit=&cg=&bdtype=0&oriquery=&obj url=http%3A%2F%2Fp.ananas.chaoxing.com%2Fstar3%2Forigin%2F55a60e63498e4b57cd474ef8.jpg&fromu rl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3F455v_z%26e3Bviw5xtg2_z%26e3Bv54AzdH3Fg51j1jpwtsv5gp65ssj6AzdH3 Fetftpg51j1jpwts%3Fhg5osj12jI1%3Dn8dd8a9&gsm=&rpstart=0&rpnum=0&islist=&querylist=&force=undefined

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%94%B5%E5%BC%A7%E7%84%8A%E6%8E%A5/7372476

筆者:周文薏

2019年11月14日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com