テスト

自動車の風洞シミュレーション

風洞シミュレーションとは、風洞に飛行物体や他の物体モデルを配置して、気体の流れやモデルとの相互作用を研究することを通じて、実際の飛行物体や他の物体の空気力学特性を理解するための空気力学実験シミュレーション方法です。

自動車工業での技術含有量が最も高い試験の一つとして、風洞シミュレーションは自動車が正常走行中の状況をシミュレーションすることを通じて、空気力学方面の性能表現をテストします。

画像引用元:http://www.12365auto.com/news/20161227/264117.shtml

風洞実験室では、風洞シミュレーションを通じて、研究者は車の外装デザインを空気力学から見れば、合理的かどうかについて結論を出して、感性的なデザインを理性的なデザインに転換することができます。例えば、車のアウトサイドミラー、スポイラー、さらに車のボディラインは勝手に設計するのではなく、すべて空気力学に基づいて設計する。現在、世界ではわずかな国しか風洞シミュレーションを行うことができないですが、中国はその中の一つです。

知るところによると、2019年6月28日、中国通用技術集団中国汽車工程研究院株式会社(中国汽研と略する)の5億5千万元を投資した自動車風洞は重慶に建設され、試運転を開始しました。これにより中国の中西部地区初の自動車風洞で、外観デザイン、性能テストなどの一環で自動車産業のアップグレードに助力する見込みだと言われます。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/风洞模拟试验/21644296?fr=aladdin

http://www.12365auto.com/news/20161227/264117.shtml

http://www.cq.xinhuanet.com/2019-06/29/c_1124685385.htm

筆者:钟珮瑜

2019年11月11日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com