テスト

運搬ロボットの全体的な設計の考え方

搬送用機器、例えば運搬ロボットは、人の手の動きをまねて、設定された手順、軌跡、要求に応じて、高温や危険な作業エリアでの単調な作業など、人では不可能な作業を実現します。これにより、危険な状況にならないようにするだけでなく、生産の安全を保障して、仕事の効率を高め、労働の強度を下げ、労働環境を改善できるので、現代の製造業に欠かせない自動化装置となっています。

画像引用元:https://www.xianjichina.com/news/details_44596.html

例としては、運搬ロボットの全体的な設計の考え方を紹介する。

運搬ロボットの構成

運搬ロボットは、執行機関、駆動機構、制御機構という3つの部分からなっています。

運搬ロボットの全体的な設計の考え方

運搬ロボットの設計は大きく二つの段階に分けられます。

1、 システム分析段階
① システムの目標に応じて、使用するロボットの目的と任務を定義します。
② ロボットが必要なシステムの作業環境を分析します。
③ ロボットの作業要求に応じて、ロボットの基本機能とプランを決めます。例えば、ロボットの自由度、情報の記憶量、コンピュータ機能、動作精度の要求、掴み取れる重量、運動範囲、及び温度、振動などの環境への適応性です。

2、 技術設計段階
① ロボットの自由度と動作範囲をシステムの要求に応じて決め、ロボットの座標形式を選択します。
② ロボットの作業ルートと空間作業図を作成します。
③ ドライバシステムのタイプを決定します。
④ 各部品の具体的な構造を選択して、ロボットの組立図を設計します。
⑤ ロボットの部品図を描いて、サイズを確定します。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/29cfc4afd1f34693daef3e23.html

https://www.xianjichina.com/news/details_44596.html

筆者:钟珮瑜

2019年11月8日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com