表面

CNC彫刻加工の応用

彫刻業界の発展につれて、彫刻機メーカーに対してより高い要求が提出されました。彫刻製造業の市場はますます細かく分けられてきたが、CNC彫刻は大量生産の需要を満たして、それと同時に操作インターフェースももっと簡潔になります。

加工原理から言えば、CNC彫刻はフライスの組み合わせ加工の一種です。もしCNC彫刻対象の選択が正確で、工芸の使用も合理的だったら、投資収益率の高いプロジェクトになります。CNC彫刻対象の特徴は図案が複雑で、形が独特で、完成品が精緻だということで、CNC彫刻機が軽型構造を主とします。実際にはこれはCNC彫刻の仕事方式を「小さい刃物の高速フライス盤」に限定しますが、実はこれもCNC彫刻の「専門的な優位性」なのです。CNC彫刻の特有の優位性によって、金型彫刻業と広告彫刻業で広く応用されています。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/213834581_100091113

CNC彫刻が工業分野で最も広く使われているのは金型業です。金型の生産プロセスにおいて、CNC彫刻は主な加工方法と生産手段ではないが、その役割がすごく重要で、「画竜点睛」の効果があるとも言えます。これは彫刻対象の「図案、文字と複雑な曲面」の特徴によって決められます。

現在、紫銅とグラファイト電極加工の放電加工機は金型業での主な生産設備です。電極の需要量が比較的に大きいですが、電極の生産は専門設備がまだ不足しています。こういう場合では、CNC彫刻は放電加工機のために専門的なセットを作れ、角がはっきりにしており、形がユニークである放電加工の電極を高効率で精密に加工する可能です。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/213834581_100091113

https://baike.baidu.com/item/CNC雕刻机/3071143

筆者:钟珮瑜

2019年11月8日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com