テスト

熱解析

熱解析(TA)は、熱力学パラメータまたは物理パラメータと温度変化との間の関係を用いた解析方法を指す。1977年、国際熱分析協会は「熱分析は、プログラムされた制御された温度の下で物質の物理的性質と温度依存性の関係を測定する一種の技術です」と定義した。

その中でも、最もよく使用される熱解析法は、差熱解析(DTA)、熱重量解析(TG)、微分熱重量解析(DTG)、示差走査熱量測定(DSC)、熱機械解析(TMA)及び動的熱機械解析(DMA)である。それ以外に、エスケープガス検出(EGD)、エスケープガス解析(EGA)、ツイストブレード熱解析(TBA)などもある。また、サイズや体積、音響、光学、電気および磁気特性を測定するために、よく使われる方法は熱膨張法、熱発声法、熱音響法、熱光学法、熱磁気学法などだ。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%83%AD%E5%88%86%E6%9E%90/187820?fr=aladdin

熱解析技術は迅速かつ正確に物質の結晶形転移、溶融、昇華、吸着、脱水、分解などの変化を測定でき、無機、有機及び高分子材料の物理と化学性能に対しては重要な試験手段であり、物理、化学、化学工業、冶金、地質、建材、燃料、軽紡、食品、生物などの分野で広く応用されている。

熱解析技術の優位性

1.広い温度範囲でサンプルを研究できる。

2.各種類の温度プログラム(異なる温度上昇降下レート)を使用できる。

3.サンプルの物理状態には特に要求がない。

4.必要なサンプル量が少ない。

5.器具の感度が高い。

6.他の技術と併用できる。

7.複数の情報を得られる。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%83%AD%E5%88%86%E6%9E%90/187820?fr=aladdin

https://baike.baidu.com/item/%E7%83%AD%E5%88%86%E6%9E%90%E6%8A%80%E6%9C%AF/6369499

筆者:孔靖茵

2019年11月8日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com