部品

ねじりバネ

ねじりバネは、ヘリカルスプリングに属し、そしてすべてのスプリングの種類において設計原理が比較的複雑である。型もかなり変化が多いので、設計に関わる理論も最も煩瑣である。ねじりバネは端部が他のコンポーネントに固定された後、他のコンポーネントがバネの中心をめぐって回ると、ねじりバネがそれらを初期位置に戻させることで、トルクまたは回転力を発生するのだ。また、応用の要求に応じ、バネの回転方向(時計回りまたは反時計回り)を設計することができる。

ねじりバネは角エネルギーを蓄えてまたは解放することができるだけだなく、バネ本体の中心軸の回転アーである装置を静態的に固定することもできる。そのようなバネは通常で密着しているが、バネの間にはピッチがあり、摩擦を減らせる。それらは回転または回転外力に抵抗力を生じる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%89%AD%E7%B0%A7/5334083?fr=aladdin

ねじりバネは弾性を利用して働く機械部品であり、一般的にはスプリングスチールで作られる。ねじりバネはマシンエレメントの動きのコントロール、冲撃や振动の緩和、エネルギーの貯蔵、力の大きさの测定などに用いられるし、コンピュータ、電子、家電、カメラ、計器、ドア、オートバイ、コンバイン、自動車などの業界にも広く使われている。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%89%AD%E7%B0%A7/5334083?fr=aladdin

https://baike.baidu.com/item/%E6%89%AD%E5%8A%9B%E5%BC%B9%E7%B0%A7/6234850

筆者:孔靖茵

2019年11月8日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com