表面

パッド印刷

パッド印刷は、特別な印刷方法の1つに属し、不規則なオブジェクトの表面に文字、グラフィック、画像を印刷することができる。現在では重要で特別な印刷になっている。例えば、スマホの表面のテキストとパターンがこのように印刷され、またキーボード、計器などの電子製品の表面印刷もパッド印刷で完成するのだ。

パッド印刷のプロセスは非常に簡単である。まずは、鋼(または銅、熱可塑型プラスチック)の凹版を採用し、シリコンゴムの材料で作った曲面パッドヘッドを利用する。その後、凹版の上のインクをパッドヘッドの表面につけ、対象の表面に押し付けると文字、図案などを印刷することができる。

画像引用元:http://www.szmyjx.com/productshow.asp?id=797

パッド印刷専用のインキは、単成分インキ、二成分インキ、乾燥型インキ、酸化型インキ、UV型インキなどを含めている。しかし、パッド印刷専用のインキは、一般的な溶剤インキ、水性インキ、UV硬化シルクスクリーン印刷インキと異なっている。シルクインキと似たような特性を持っているが、やはり大きな違いがある。パッド印刷専用のインキは、シルクスクリーン印刷インキの乾燥速度よりもっと速い。これもパッド印刷専用のインキはの最も顕著な特徴である。また、多くの場合では、パッド印刷専用のインキはフィルムで印刷されている。ですので、パッド印刷専用のインキは温度、湿度、静電気などの要素に影響しやすいのだ。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%A7%BB%E5%8D%B0/8240738?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2019年11月8日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com