量産

セラミックインジェクション成形

セラミックインジェクション成形(Ceramic Injection Molding)は、CIMとも呼ばれ、最新の粉末射出成形(Powder Injection Molding、PIM)と呼ばれる技術の1つであり、そして現在最も速く発展しており、応用も最も広いセラミック部品の精密製造技術である。セラミックインジェクションとは、ポリマーの射出成形法とセラミック製造工芸を組み合わせて発展していくセラミック部品の前処理の新しい工芸である。

セラミックインジェクション成形の主なプロセス

1、熱可塑性材料とセラミック粉体をと混合して加熱溶融し、その後相対的に冷えた金型に注入する。

2、このような混合熱溶融体は、金型内で凝固固化する。

3、成形した後の未完成品に型抜きを行う。

セラミックインジェクション成形の優位性

1、迅速に自動的に大量生産することができ、そしてそのプロセスに精確な制御を行うこともできる。

2、流動充填により、生の圧粉体の密度を均一にすることができる。

3、製品のサイズが精確に制御でき、公差が±0.1%〜0.2%に達することができ、そして性能も優れている。

4、機械加工が不要で、または微量加工だけが必要で、製品前処理のコストを降下できる。

5、複雑な形状があり、横穴、斜め穴、凹凸面、螺旋状、薄い壁、切削加工しにくいセラミック異型部品を成形でき、広く応用前景を持っている。

セラミックインジェクション成形の応用

現在、セラミックインジェクションは精密化方向へ発展し始め、応用範囲が広くなる。例えば、セラミックインジェクションは、抗菌、耐腐食性、難燃性などの従来の金属機械が備えていない特性があり、多くの医療機器を製造するために使用されている。典型的な製品は主に人工骨、人工関節、人工歯床、歯牙、医療用ナイフなどが含まれている。また、ITおよび電気自動車業界でも使用されており、典型的な製品は、主にライトガイドチューブ、集積回路基板、抵抗器、発熱部品などが含まれている。

画像引用元:http://www.simmtime.com/news.htm?dId=1224

資料引用元:http://www.simmtime.com/news.htm?dId=1224

筆者:周文薏

2019年11月7日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com