部品

両面アルミニウム基板

アルミニウム基板は主にLED産業で使用されている。片面アルミニウム基板は、一つだけのLEDコンポーネントを取り付けられるサイドパッドがあり、しかも単層配線である。一方で、両面アルミニウム基板は両面でもLEDを取り付けられ、そして2層の配線があり、しかも中ではバイアホールで両面の回路を繋げる必要がある。

片面アルミニウム基板と比べると、両面アルミニウム基板はプレス嵌めという工程が増え、さらに材質も異なり、加工プロセスもより複雑になり、コストでもある程度の差異が存在する。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E4%B8%A1%E9%9D%A2%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E5%9F%BA%E6 %9D%BF&step_word=&hs=0&pn=7&spn=0&di=78330&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&istyp e=0&ie=utf-8&oe=utf- 8&in=&cl=2&lm=-1&st=undefined&cs=1149475638%2C2156624110&os=1642062964%2C2793188412&simid =3316771956%2C196786184&adpicid=0&lpn=0&ln=1189&fr=&fmq=1573102142359_R&fm=&ic=undefined& s=undefined&hd=undefined&latest=undefined&copyright=undefined&se=&sme=&tab=0&width=undefined& height=undefined&face=undefined&ist=&jit=&cg=&bdtype=15&oriquery=&objurl=http%3A%2F%2Fauctions. c.yimg.jp%2Fimages.auctions.yahoo.co.jp%2Fimage%2Fdr000%2Fauc0401%2Fusers%2F8%2F7%2F6%2F4% 2Ftsuneokun2005-img640x480- 1514813091uyvr2o23356.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fooo_z%26e3Brwt2525_z%26e3Bv54Az dH3Fywi55AzdH3Ffi5oAzdH3Fs9dnbbacna&gsm=&rpstart=0&rpnum=0&islist=&querylist=&force=undefined

両面アルミニウム基板は3層に分けられる。第一層は銅箔で、第二層は熱伝導絶縁材料で、第三層はアルミニウム板である。

第一層は導電のために電気回路として使用する。 第二層はカギであり、LEDから発生した熱量を迅速にアルミニウム板に伝導する役割を果たしているのだ。 第三層は熱伝導絶縁材料に伝導した熱量をもう一度ランプカップに伝導する。

一方では、アルミニウム基板の熱伝導性が優れているかはアルミニウム板の厚さに関わっていると考えることもあるかもしれないが、実際にはそうではない。アルミニウム基板の熱伝導率を向上するために、最も重要なのは、熱伝導絶縁材料の性能を向上することなのだ。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/14e1189815791711cc7931b765ce0508773275d0.html

https://baike.baidu.com/item/%E5%8F%8C%E9%9D%A2%E9%93%9D%E5%9F%BA%E6%9D%BF/10843894?fr=aladdin

筆者: 周文薏

2019年11月7日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com