表面

金属塗装の重要性

金属表面塗装プロセスは金属防腐と設備、環境に対する要求が厳しい防腐装飾プロセスです。塗装は金属の表面を綺麗に見せるのと同時に金属を錆から保護する役目があります。

塗装されないままの金属は時間の経過とともに変化し、錆も発生するし、外観的にも魅力がなくなりやすいといえるでしょう。しかし、塗装を行うことによって錆が発生しにくくなって、建材や自動車、産業機械など様々な分野で活躍の幅が広がります。つまり、金属塗装を施すことでただの金属に付加価値を持たせて製品の可能性が広がります。 

それに、金属表面の塗装前の浄化、サビ除去等の前処理及び表面処理プロセスの活性化の応用は、塗料塗装金属の防腐耐性を効果的に改善することができます。実践によって、金属塗装の防腐性は塗装前の基板処理品質の良し悪しに大きく影響があって、金属の表面塗装前に行った有効な除油脱脂、錆除去や溶砂スプレーなどで浄化活性化表面を引き起こして、塗装膜と基体金属の良好な結合力を保証して、塗装金属の耐食性を向上させます。

また、鉄材によって塗装の技術や塗料の付着性にも大きな差があります。現在採用されている金属塗装方式は大体二つあります。それぞれは浸漬塗装と静電塗装です。今、静電塗装を採用することが多いです。例えば、中小型機器設備カバー、コンピューターケースなどの設備カバーは静電塗装方法を用いて膜を均一にすることができます。

画像引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1645816902352933822&wfr=spider&for=pc

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/39ce3611e009581b6ad9eb80.html

https://baike.baidu.com/item/金属表面喷漆/9385826?fr=aladdin

https://www.chemicoat.co.jp/column/detail_15.html

筆者:钟珮瑜

2019年11月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com