表面

電気絶縁

電気絶縁とは、導電性のない物質を使って帯電体を隔離したり、包んだりし、感電を保護するための安全措置のことである。良好な絶縁材は電気設備と線路の安全運行を保証し、人身感電事故の発生を防止するための最も基本的かつ信頼できる手段である。絶縁材は通常ガス絶縁材、液体絶縁材、固体絶縁材この三つに分けられる。実際の応用では、固体絶縁材は依然として最も広く使われており、最も信頼できる絶縁材である。

絶縁材の主な役割は帯電した導体または異なる電位の導体を隔離し、電流を所定の方向に流動させることである。そのため、選択する時、電気抵抗率、耐圧強度、耐熱性が高い絶縁材を選ぶほうが良いのだ。そうすれば、漏電、破壊などの事故を避けることができるだけでなく、長期の過熱による劣化を避けることもできる。また、熱伝導性、耐潮性、耐雷性、高い機械強度及び加工の便利さなどの要素も考えられる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%BB%9D%E7%BC%98/13466698?fr=aladdin

絶縁作業のタイプ

1.基本的絶縁。帯電した部品に感電に対して基本的な保護作用を持つ絶縁構造である。

2.付加絶縁。基本的絶縁の損傷の場合、感電防止のために基本絶縁以外に付加された独立絶縁構造であり、保護絶縁、補助絶縁ともいう。

3.二重絶縁。基本的絶縁と付加絶縁が共に構成された絶縁構造である。

4.強化絶縁。二重絶縁保護の程度に相当する単独絶縁構造は、一種類またはいくつかの絶縁材料から構成されているが、分割することはできない。

資料引用元:

https://wenku.baidu.com/view/46d593937e192279168884868762caaedc33ba48.html

https://zhidao.baidu.com/question/319906534.html

https://baike.baidu.com/item/%E7%BB%9D%E7%BC%98/13466698?fr=Aladdin

筆者:孔靖茵

2019年11月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com