表面

オフセット印刷

オフセット印刷はリソグラフィー印刷の一種である。簡単に言えば、オフセット印刷とは、印刷版上の画像やブランケットによって基板に転写する印刷方法である。その中に、ブランケットはオフセット印刷の中でかけがえのない役割を果たしている。例えば、印刷物の表面の不整さをうまく補い、印刷用インクを十分に移動させることができる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E8%83%B6%E5%8D%B0/6259793?fr=Aladdin

オフセットに使う紙は種類が多く、また各種の紙の性質も異なっている。同じタイプの紙でも、メーカーによって製造技術が異なり、品質にも高低がある。

常用の紙種類

オフセット

オフセット紙は、オフセット印刷機による複数回のカラー印刷で一般的に採用されている紙である。オフセットの中ではよくそれを使って各種の宣伝画集、書籍の表紙、地図の画報と商標の広告などを印刷する。

コパープレート

コパープレート紙は、ベースペーパーの表面に白い塗料の層をコーティングし、超カレンダーで処理されている高級紙である。オフセット印刷ではではよくそれを使って絵本、画報、カレンダー、カレンダー、商品見本、イラストなどを印刷する。

ホワイトボード

白い紙は堅固、しかも大きな厚さと重さがあるので、包装装飾及び商標印刷工場では、いつもそれを使って各種の包装紙箱や商標などを印刷する。

新聞

新聞は薄くて軽いので、オフセット印刷の中ではあまり採用しない。新聞などの紙を印刷するだけである。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E8%83%B6%E5%8D%B0/6259793?fr=aladdin

https://baike.baidu.com/item/%E8%83%B6%E5%8D%B0%E6%8A%80%E6%9C%AF/999676

筆者:孔靖茵

2019年11月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com