加工

ねじ研削加工

ねじ研削加工は主にねじ研削盤で精密ねじを加工することのようなハードワークを行うことを指す。研削砥石の断面形状により、単線砥石研削と多線砥石研削の2種類の加工方法に分けられる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E8%9E%BA%E7%BA%B9%E7%A3%A8%E5%BA%8A/4310250?fr=aladdin

単線砥石研削は達成できるピッチ精度が高く、表面粗さがR 1.25から0.08ミクロンまでである。この方法は精密ねじ、ねじゲージ、ウォーム、小ロットのねじワークの研削に適している。

多線砥石研削は縦研削と切込み研削この2種類がある。縦研削は、砥石の幅が磨かれたネジの長さより小さい。その砥石は縦に一回または数回のストロークでねじを最後のサイズまで磨ける。一方で、切込み研削の砥石の幅は磨かれたねじの長さより大きい。その砥石の径方向はワークの表面に切り込み、ワークは約1.25回転すれば研ぎが完了する。この方法は生産性が高いが、精度が少し低く、砥石車の修理も比較的複雑である。

ねじ研削盤主は、主に機械製造業の生産現場と工具作業場に用いられ、刃具工場と計量器具工場の中でのねじ加工工具とねじの計量器具を生産する作業場で最も多く使われている。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E8%9E%BA%E7%BA%B9%E5%8A%A0%E5%B7%A5/5446630?fr=aladdin

https://baike.baidu.com/item/%E8%9E%BA%E7%BA%B9%E7%A3%A8%E5%BA%8A/4310250?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2019年11月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com