テスト

機械部品の設計方法

機械部品は機械と機器を構成し、分割できない単独のパーツである。以下では3つの通常の設計方法を簡単にご説明する。

1.理論的設計

理論的設計とは、設計の理論と実験データに基づいて行われる設計方法である。その中に、設計計算と校正検査計算この二つの種類に分けられる。設計計算は部品の作業条件に基づき、計算基準を選択し、また指定された要求に応じて部品の主要な幾何学的な寸法とパラメータを計算するという方法である。一方で、校正検査計算はまず他の方法によって部品の主要な寸法とパラメーターを初歩的に作成し、その次、計算基準に基づいて規定された要求によって部品が安全かどうかをチェックという方法である。校正検査計算の時で既に部品の関連寸法を知っているので、強度に影響する構造要素と寸法要素も計上でき、そしてその計算結果も比較的精確である。

2.経験的設計

経験的設計とは、既存の経験公式あるいはデザイナー自身の仕事経験に基づき、または類比方法による設計するという方法である。この方法は主に筐体、フレーム、伝動部品などの構造要素のような、要求の変更がほとんどなく、しかも構造形状が典型的になるパーツに適用される。

3.モデル実験設計

この設計方法は、主に大規模で複雑な構造を持つ重要な部品を対象とするのである。モデル実験設計は、初歩的な設計の結果に基づいき、比例率に応じて小規模モデルを作成し、実験の手段を使ってその各方面の特性を検査し、または実験の結果によって元の設計を段階的に修正する過程である。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%9C%BA%E6%A2%B0%E9%9B%B6%E4%BB%B6/53420?fr=aladdin

資料引用元:

https://zhidao.baidu.com/question/557498189.html

https://baike.baidu.com/item/%E6%9C%BA%E6%A2%B0%E9%9B%B6%E4%BB%B6/53420?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2019年11月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com