加工

TIG溶接

TIG溶接(Tungsten Inert Gas Welding)は、溶融しない不活性ガスシールド溶接とも呼ばれる。手作業または自動で、0.5 mmから4.0 mmまでの厚さのステンレスを自動溶接する時、TIG溶接は最も一般的な溶接方式である。TIG溶接でフィラメントを入れる方式は圧力容器の底付け溶接によく使われる。その理由はTIG溶接の気密性がよく圧力容器溶接時のビードの気孔を下げることができるからだ。

TIG溶接の熱源は直流アークである。動作電圧10 Vから95 Vまでであるが、電流は600 Aに達することができる。溶接機を接続する正しい方法は、ワークを電源の正極に接続することであり、溶接トーチのタングステン電極は負極として使用される。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/TIG%E7%84%8A/1237251?fr=aladdin

TIG溶接の中で、不活性ガスは一般的にアルゴンガスである。不活性ガスは溶接トーチに供給され、アークと溶接プールでシールドを形成する。熱入力を増加させるために通常5 %の水素をアルゴンに添加する。しかし、フェライトステンレス鋼を溶接する際には、アルゴン内に水素を添加することはできない。

一方、TIG溶接というガスシールド溶接もシールド媒体として外注ガスを利用するアーク溶接法であり、アークと溶融池の視認性が高く、操作が便利であるという利点がある。しかし、屋外で作業する場合は、専用の防風対策が必要である。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/TIG%E7%84%8A/1237251?fr=aladdin

https://baike.baidu.com/item/TIG%E7%84%8A%E6%8E%A5/9908179

筆者:孔靖茵

2019年11月4日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com