表面

ブラシ研磨

ブラシ研磨とは、金属ワイヤー、動物の毛、天然繊維または人工繊維で作られたブラシホイールを使って部品の表面を加工する過程である。

ブラシ研磨の主な目的は、部品の表面に酸化皮膜、錆び跡、および機械加工後のバリを除去し、部品の表面に規則的で微細なワイヤパターンを生成するし、光のない鍛造面の外観を作るのことである。ブラシ研磨は部品の幾何学的サイズを変えないのだ。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%8A%9B%E5%85%89%E5%88%B7/4608258?fr=aladdin

ブラシ製品には、研磨ブラシホイールは非常に広く使用されるものである。よく使用されているブラシホイールは一般的にワイヤーなどの材料で作られる。一方、特殊な目的のために、ナイロンワイヤー、ファイバーウール、繊維毛、豚の毛などの材料も使われる。

また、研磨ブラシホイールは、一般的に鉄ベルト(またはステンレス鋼ベルト)と針金(またはステンレスワイヤー)で固定されてブラシを行い、自動ドア、回転ドア、スライドドア及び機械設備の清掃、清潔、防塵、密封などに広く応用されている。その厚さの規格は、3、4、5、6、7、8、10 mmなどである。さらに、研磨ブラシホイール毛の長さとブラシの長さは要求によって加工され、ブラシの棒は曲げなどの特殊な処理を行うことができる。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E5%88%B7%E5%85%89/9468470?fr=aladdin

https://baike.baidu.com/item/%E6%8A%9B%E5%85%89%E5%88%B7/4608258?fr=Aladdin

筆者:孔靖茵

2019年11月4日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com