部品

点火装置について

自動車の点火装置は点火エンジンがうまく稼働するために、各シリンダーの点火順番に従って、定時でスパークプラグに十分な高エネルギーの電圧を供給する。強い電圧がスパークプラグに伝わり、強いスパークを生成し、可燃性混合物を点火することができる。

バッテリー点火装置

バッテリー点火装置は電源(バッテリーまたは発電機)、点火コイル、ディストリビューター、スパークプラグ、点火スイッチの回路からなっている。

バッテリー点火装置のプロセス

ガソリンエンジンが動くとき、ブレーカーのカムシャフトを回転させ、ブレーカーに連続で合わせたり、閉じたりする。バッテリーは電流を供給している。電流はバッテリーの正極から点火コイルを回る。そして、ブレーカーは感電し、電流がバッテリーの負極に戻る。電流が点火コイルをまわると、強力な磁場が発生し、ブレーカーの接点が開き、電流が急速に減衰してなくなってしまう。それと同時に、磁束も減少し、点火するとき必要な高電圧が生成することになる。この高電圧は、高圧線によってディストリビューターに送られる。そこでまた各スパークプラグに送られ、電気火花が発生する。

注意すべきは、点火装置はエンジンの動く順番によって点火することだ。また、点火のタイミングも大切だ。点火が遅くなると、有効な熱量が減少して効率は低くなってしまう。逆に、点火が早くなると、ガソリンエンジンの中では圧力が急増して気圧のバランスを破壊していまい、効率を低減するだけではなく、起爆の恐れもあるので注意しなければならない。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail? ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E6%B1%BD%E8%BD%A6%E7%82%B9%E7%81%AB%E8%A3%85%E7%BD% AE&step_word=&hs=0&pn=2&spn=0&di=59510&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&istype=0&ie=utf- 8&oe=utf- 8&in=&cl=2&lm=-1&st=undefined&cs=463162651%2C2814001244&os=2124716199%2C1334918996&simid=42534 64805%2C655081394&adpicid=0&lpn=0&ln=735&fr=&fmq=1572844815938_R&fm=&ic=undefined&s=undefined &hd=undefined&latest=undefined&copyright=undefined&se=&sme=&tab=0&width=undefined&height=undefined &face=undefined&ist=&jit=&cg=&bdtype=0&oriquery=&objurl=http%3A%2F%2Fs9.rr.itc.cn%2Fr%2FwapChange %2F20166_27_17%2Fa9cstc0482863986855.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3F4_z%26e3Bf5i7_z%26e3 Bv54AzdH3FgAzdH3F9cmcncca0AzdH3F&gsm=&rpstart=0&rpnum=0&islist=&querylist=&force=undefined

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%B1%BD%E8%BD%A6%E7%82%B9%E7%81%AB%E7%B3%BB%E7%BB% 9F/7212290?fr=aladdin

筆者:周文薏

2019年11月4日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com