表面

バフ研磨

バフ研磨とは、機械的、化学的または電気化学的の作用によりワークピースの表面の粗さを減らし、明るく滑らかな表面を得る処理方法です。また、バフ研磨は、バフ研磨ツールと研磨粒子を使用し、ワークピースの表面を加工するプロセスである。

バフ研磨は、ワークピースの寸法精度や幾何学的の精度を向上させることではなく、滑らかな表面を得ることを目指している。通常では、研磨ホイールは研磨ツールとしてよく使用される。研磨ホイールは、キャンバス、フェルト、または革の複数の層を積み重ねることによって形成され、両側は金属製の円形プレートで固定される。そして、そのリムには研磨剤を塗る必要がある。

バフ研磨の加工法には機械研磨、化学研磨、超音波研磨、電解研磨などがある。以下では、その幾つかを簡単に紹介いたしする。

機械研磨

機械研磨とは、材料表面の塑性変形により研磨された凸部を除去して滑らかな表面を得る研磨方法である。

化学研磨

化学研磨とは、化学媒体内で凹部より凸状の部分を優先的に溶解し、滑らかな表面を得るプロセスである。この加工法の主なメリットは、複雑な機器なしで複雑な形状のワークピースを研磨でき、同時に多くのワークピースを高効率で研磨できるということである。

超音波研磨

超音波研磨は、ワークピースを研磨剤溶液に入れて超音波場に置き、研磨剤を超音波の作用によりワークピースの表面で研磨することである。超音波加工はワークピースの変形を引き起こすことはしないが、製造と設置は難しいと言われる。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E6%8A%9B%E5%85%89&step_word=&hs=0&pn=4&spn=0&di=72270&pi=0 &rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&istype=0&ie=utf-8&oe=utf- 8&in=&cl=2&lm=-1&st=undefined&cs=1321410910%2C433077913&os=3069682636%2C1387177427&simid=8809 557%2C827962962&adpicid=0&lpn=0&ln=1294&fr=&fmq=1572835907385_R&fm=&ic=undefined&s=undefined& hd=undefined&latest=undefined&copyright=undefined&se=&sme=&tab=0&width=undefined&height=undefined&f ace=undefined&ist=&jit=&cg=&bdtype=0&oriquery=&objurl=http%3A%2F%2Fimg1.qihuiwang.com%2FF22EA507 297C13E92C3794CE70AAD561_310_0_max_jpg.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fooo_z%26e3Bqti7to wg2_z%26e3Bv54AzdH3Fr6517vpAzdH3FqncbncAzdH3F8nm8alnd_z%26e3Bip4s&gsm=&rpstart=0&rpnum=0&i slist=&querylist=&force=undefined

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%8A%9B%E5%85%89/448346?fr=aladdin#4

筆者:周文薏

2019年11月4日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com