表面

化学研磨

化学研磨は部品を浸漬して加熱する方法である。これはミクロ表面の突起部を化学腐食により、溶解して除去し、自体を本来に比べて表面の凹凸差が小さくなり、表面を滑らかにする過程になっている。

画像引用元:http://www.sh-wangxing.com/product.asp?id=7

優位性

1.処理後のワークの表面は滑らかできめ細かであり、構造に制限されず、電極を通す必要がなくどの部品でも処理できる。

2.機械切削、圧延摩擦によって欠損した配位電子はヒドロキシル基とアミノ基に補充され、異性の電荷ホコリなどの不純物の吸着を生じない。

3.機械研磨面より優れており、発露と倒れたバリは完全に除去され、穴内にアーク火花が発生せず、表面が清潔である。

4.表面は不動態化される。鉄元素が溶解することが多いので表面から消え、クロムニッケルなどの元素が溶解するのが少ないのため、表面で露出しない。結局、その表面は平坦性、耐食性、清浄性、滑らかさが大きく向上する。

6.鏡面の光沢に達することができる。凸凹という状況が少なくなり、反射性は良い。

7.表面の突起部は研磨時間の長さに応じ、0.01mmから0.05mmまでの程度を研磨することができるだけでなく、表面の粗さを改善し、鏡面に近い程度にすることもできる。

8.平らな表面を整え、バリのエッジを除去する役割がある。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A3%A8/7322084?fr=aladdin

http://www.sh-wangxing.com/product.asp?id=7

筆者:孔靖茵

2019年10月29日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com