表面

電解研磨の特徴

電解研磨とは、製品をプラス側にして電解液を介して直流電流を流して、金属表面を溶解させることで研磨効果を得る方法です。

電解研磨加工には、電圧はワーク研磨前の表面粗さ状況及び電解液の濃度、温度を総合的に考慮られて、プロセス試験の後で最終的に選定される必要がある。電圧が高くなって、電流密度が上昇して、研削速度が速くなりますが、表面の品質はコントロールしにくいです。また、電圧が低くなると、電流密度が小さいので、電気分解作用がほとんどなくて、その効率は機械研磨と似て、普通の電圧は5~8 Vになります。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/电解研磨/8750324?fr=aladdin

一方では、仕上げ研磨の前に電解すると、研磨しやすくなるとともに、電解研磨しない場合より綺麗に仕上がるということでよく行われています。電解研磨鏡面加工方法は粗削り後のRZ 10~20μmの表面を1つの工程で数分間で鏡面に加工することができて、粗さはRZ 0.2~0.01μmに達します。そして、効率は従来の従来の研削よりも効率が10倍以上向上して、それに応じて寸法精度を高めることができて、しかも設備が簡単で、操作が便利で、自動化が容易です。それゆえ、様々な硬い鋼材や柔らかいアルミニウム、銅合金などの部品を加工する外円、内円、平面に用いられます。

資料引用元:

https://www.nakano-acl.co.jp/denkai-sinseki.html

https://baike.baidu.com/item/电解研磨/8750324?fr=aladdin

筆者:钟珮瑜

2019年10月29日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com