テスト

電子回路設計のプロセス

電子回路設計は非常に慎重に作業する必要のある過程であり、一歩間違えばシステム全体が起動できなくなる恐れがある。以下は電子回路設計のプロセスについての簡単な説明だ。

1.設計任務の要求を明確にする

設計任務の具体的な要求、例えば性能指標、内容及び要求を十分に理解して明確にする。

2.方案を選択する

把握した知識と資料や、設計に対して提出された任務、要求と条件に基づき、合理的、経済的、実行可能な設計フレームワークを設計するだけでなく、その長所と短所も分析しなければならない。

画像引用元:http://m.elecfans.com/article/927555.html

3.設計フレームに基づいて回路ユニットの設計、パラメータ計算とデバイス選択を行う

回路の動作原理と分析方法に基づき、パラメータの推定と計算を行う。デバイスを選択する時に、デバイスの動作、電圧、周波数と電力消費などのパラメータは回路指標の要求を満たすべきである。デバイスの限界パラメータは十分な余裕が必要である。一般的に、規定値の1.5倍以上であり、抵抗と容量のパラメータは計算値の近くの公称値を選択しなければならない。

4.回路図を描画する

回路図は組み立て、溶接、調整と検査修理の根拠であるのため、回路図を描く時には配置を合理的かつ均一にすれば、図が見やすく、図を読むのに有利である。また、信号の流れは、一般的に入力端または信号源から始まり、左から右または上から下にかけて信号の流れに従って順に描かれる。一方、フィードバックパスの信号の流れはこれとは反対である。

資料引用元:

http://m.elecfans.com/article/927555.html

https://wenku.baidu.com/view/c14b89256294dd88d1d26b63.html

筆者:孔靖茵

2019年10月28日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com