加工

治具研削加工の特徴

生産において、平面研削盤を利用して部品の成形研削を行うには、主に2つの方法がある。一つは修整後の成形砥石車研削で、もう一つは専用治具による研削である。

治具研削加工とは、非常に高精度な位置決めができる治具研削盤という精密加工機械を用いた加工方法である。治具研削盤の軸の先には、ダイヤモンドなどを用いた砥石が付いており、この砥石を超高速回転して、ワークを研削加工や精密研磨をする。通常の研削治具は精密平口クランプ、正弦波磁力場、正弦分度冶具、万能冶具、回転磁力台、センター穴用研磨治具などがある。

画像引用元:http://www.sczy.com/article-1483.html

治具研削加工の核心は、成形面の複雑さに応じて、異なる治具を選択して、高速回転の砥石に対してワークを移動させて、必要な面を加工することである。

では、治具研削と他の加工方法の決定的な違いはどこであろうか。

答えは、加工面の「仕上り」状態である。治具研削以外、「1/1,000mm単位の加工」ができる加工には、ワイヤー加工や放電加工がありますが、ワイヤー加工、放電加工は電気的にスパーク(アーク放電)させて被加工物表面の一部を除去するために、加工面が脆化する。それに対して、治具研削加工は物理的に「削る」加工であるために、材料が本来持っている性質を損なわずに加工できる。

資料引用元:

http://www.sczy.com/article-1483.html

https://baike.baidu.com/item/成形磨削/8600570?fr=aladdin

http://www.jg-ishii.co.jp/site/phone/jigu.html

筆者:钟珮瑜

2019年10月28日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com