テスト

眼鏡のメンテナンス

眼鏡は私たちが日常生活でよく使うものである。しかし、実は眼鏡のメンテナンスには特に注意する必要がある。では、どんなことを注意すべきなのか。

1.片手で摘むと、眼鏡のふちの左右のバランスが崩れて変形する可能性があるので、両手でふちを持って頬の両側に平行な方向ではずすほうが良い。

2.眼鏡をかけるまたははずす時には左のふちを先に折るほうがよい。そうすると、ふちが変形しにくい。

3.浄水で眼鏡を洗い、ティッシュで水を拭き取り、その後専用的の眼鏡拭きを使って軽くて拭くほうがよい。

4.眼鏡をかけない時には、眼鏡布で包み、メガネケースに入れるべきなのだ。もし一時的に置くときは、眼鏡の凸面を上にすべきだ。

5.眼鏡は防虫剤、トイレ用品、化粧品、ヘアゴム、薬品などの腐食性あるものと接触させてはいけない。また、長時間の日光直射と高温(60℃以上)での放置を避けらなければならない。レンズ、ふちの劣化、変質、変色などを引き起こしやすいためだ。

6.定期的に専門店へ行き、眼鏡を調整すべきだ。ふちが変形すると、鼻と耳に負担がかかり、レンズも緩みやすくなれるためだ。

7.強烈な衝撃でレンズが破損し、目と顔を傷つける可能性があるので、激しい運動をする場合で普通の眼鏡をかけてはいけない。専門の眼鏡を使用するほうがよい。

8.光の分解で視力が低下することを防止するために、破損したレンズを使用してはいけない。また、目を傷つけないように、太陽や眩しくて強い光を直視してはいけない。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%9C%BC%E9%95%9C/169796?fr=aladdin

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%9C%BC%E9%95%9C/169796?fr=aladdin

https://zhidao.baidu.com/question/1731817734156832507.html

筆者:孔靖茵

2019年10月23日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com