量産

少量対応生産

良好な管理方法を運用し、高い品質のある製品を指定された期日に顧客に渡し、顧客を満足させるのは生産管理の意義である。一方で、顧客の要求に応じて設計開発するので、製品の標準化が難しいため、納期を短縮することが生産管理の最も重要なポイントである。

顧客の注文に応じて生産する場合では、少量多様な生産方式がよく用いられる。使用される設備は汎用機械または汎用生産ラインであるが、オーダーメイド方式の注文なので、注文ごとに異なる製品の設計があり、さらに顧客によって製品の生産周期も違うため、少量対応生産は重要だと考えられる。

画像引用元:http://www.dgbaoke.com/about/

しかし、少量対応生産も欠点がある。

1.注文の規格はよく違っているので、製品の設計開発と生産準備は標準化できない。

2.注文の重複性が不足しているので、生産販売計画を立てるのは難しい。

3.注文から納品までの時間が短く、備品の用意計画は予測に依存する。

4.生産計画の変更が頻繁にあり、生産と販売のバランスが取れないことがよくある。

5.注文によって仕事を割り振ることが多く、部門の配置能力が問題になる。

6.生産計画の変更が頻繁で、標準化作業工程がなく、実際の生産日報も不確実になるため、進捗管理の効果が低くなり、納期に深刻な影響を与える。

資料引用元:

https://www.docin.com/p-1363125603.html

http://www.sohu.com/a/319410913_120047674

http://www.dgbaoke.com/about/

筆者:孔靖茵

2019年10月22日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com