成型

ロストワックス型のプロセス

ロストワックスはブロンズなどの金属物体の精密鋳造法である。そのやり方は、蜜蝋を使用して鋳物のモデルを作成し、他の耐火材料を使用して内部を埋め、加熱して焼いた後、ワックス型が完全に溶けるため、鋳造モデル全体が殻になり、その後溶けた液体が内部に注がれ、器に鋳造されるということである。ロストワックスで鋳造された器は、絶妙に中空効果があると言われている。

ロストワックス型のプロセス

1.モデルを作成する

ワックス、粘土などの柔らかい材料でオリジナルモデルを作成する。

2.金型を製造する

オリジナルモデルで金型を製造する。一般的には、剛性外金型と柔らかい内金型がある。

3.ワックスを注入する

金型が完成したら、溶融したワックスを金型に流し込み、内面で約3 mmの厚さである均一なコーティングを形成させた次第、余計なロックスをあける。

4.ワックス型を取り出す

金型から元モデルのワックス中空バージョンを取り出す。

5.バフ研磨をする

中空ワックスのコピー件にバフ研磨を行い、加熱した金属ツールでパーティングラインを消去する。

6.湯道を作る

溶融した鋳造材料に、流動できるとともに空気が溢れ出せる通路を提供するために、ワックスのコピー件に「湯道」を作る。

7.スラリーに浸す

湯道ありのワックス型をシリカスラリーに浸し、その後砂状のモルタルまたはある程度の結晶粒子サイズがある結晶シリカに浸す。

8.焼成

熱によりシリカコーティングが硬化し、ワックスが溶けて流れ出し、シェルを形成する。

9.テスト

シェルを冷却してから、水が排気口から自由に流れるかどうかをテストする。

10.溶解した金属を流し込む

再加熱して水分を除去してから、砂で満たされる。溶融した金属をシェルに流し込む。

11.脱型

外側のシェルを取り除く。そして、金属の湯道も切断する。切断された湯道は次回の金属を流し込む時に使用できる。

12.金属研磨

最後に、金属鋳物の表面にバフ研磨などを行う。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E5%A4%B1%E8%9C%A1%E6%B3%95%E9%93%B8%E9%80%A0%E5% B7%A5%E8%89%BA%E6%B5%81%E7%A8%8B&step_word=&hs=0&pn=18&spn=0&di=14080&pi=0&rn=1& tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&istype=0&ie=utf-8&oe=utf- 8&in=&cl=2&lm=-1&st=undefined&cs=2092492553%2C3299633842&os=1514912643%2C2900030144&simi d=17915925%2C702831751&adpicid=0&lpn=0&ln=423&fr=&fmq=1571629045907_R&fm=&ic=undefined&s =undefined&hd=undefined&latest=undefined&copyright=undefined&se=&sme=&tab=0&width=undefined&h eight=undefined&face=undefined&ist=&jit=&cg=&bdtype=0&oriquery=&objurl=http%3A%2F%2Fimg.jk51.co m%2Fimg_jk51%2F187449939.jpeg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3F4pf_z%26e3B3hc8_z%26e3Bv5 4AzdH3Fp7fi75AzdH3F8addb8nm_z%26e3Bip4s&gsm=&rpstart=0&rpnum=0&islist=&querylist=&force=un defined

資料引用元:

https://site.douban.com/265084/widget/notes/190683895/note/720146806/

https://baike.baidu.com/item/%E5%A4%B1%E8%9C%A1%E6%B3%95/6713168?fr=aladdin

筆者:周文薏

2019年10月21日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com