加工

CO2レーザー切断の特徴

CO2レーザーはガスレーザーの一種で、気体の二酸化炭素を媒質に赤外線領域の連続波や高出力のパルス波を得るレーザーです。一般的にガスレーザーはエネルギー効率が悪いですが、CO2レーザーは例外的にエネルギー効率が良好です。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/二氧化碳激光器/10032670?fr=aladdin

CO 2レーザー切断は熱切断法の一つです。他の熱切断法と比較すると、基本的な特徴は切断速度が速くて、品質が高いということです。具体的には次のようにまとめられます。

1.切断の効率が高い。

レーザーの伝送特性によって、CO 2レーザー切断機には一般的に複数のデジタル制御の仕事台があります。これでは、切断過程は全部デジタル制御が実現できます。また、操作する時、デジタル制御のプログラムを変えるだけで、異なった形状の部品の切断を適用できて、さらに2D切断も3D切断も実現できます。

2.材料を節約できる。

コンピュータプログラミングを採用して、異なった外形の製品を全部の材料を裁断して、最大限で材料の利用率を高めます。

3.CO 2レーザー切断プロセスはノイズが低くて、振動が小さくて、汚染がない。

4.触れずに切断するので、切片は熱による影響が小さくて、ワークの熱変形がほとんどない。そして、切削は一般的に二次加工が必要としないです。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/308787534_120133461

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E9%85%B8%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC

筆者:钟珮瑜

2019年10月20日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com