量産

生分解性プラ

生分解性プラ(生物分解性プラスチック)とは、自然界に存在する微生物、細菌、カビ、藻などの作用によって分解されるプラスチックのことである。理想的な生分解性プラは優れた使用性能を持ち、廃棄された後は微生物によって完全に分解され、最終的には無機化されて自然界の炭素循環の一部となる高分子材料である。

生分解性プラは完全生物分解プラスチックと破壊性生物分解プラスチックこの二つに分けられる。完全生物分解プラスチックは主に天然高分子(例えば、デンプン、セルロース、甲殻質である)や、農副産品が微生物発酵あるいは合成を通して生物分解性を備える高分子から作られるものである。一方では、破壊性生物分解プラスチックは主にデンプン改質(または充填)ポリエチレンPE、ポリプロピレンPP、ポリ塩化ビニルPVC、ポリスチレンPSなどを含む。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/286305952_806277

現在、生物分解プラスチックの主なターゲットマーケットはプラスチック包装フィルム、農業用フィルム、使い捨てのビニール袋、使い捨てのプラスチック食器のことである。従来のプラスチック包装材料と比べると、新型の分解材料のコストは比較的に高い。しかし、環境保護意識が強くなるにつれ、人々が環境保護のために、価格が少々高い新型の分解材料を使いつつある。環境保護意識の強化は生物分解材料の業界に大きな発展のチャンスをもたらした。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%94%9F%E7%89%A9%E9%99%8D%E8%A7%A3%E5%A1%91%E6%96%99/4906798?fr=aladdin

http://www.sohu.com/a/286305952_806277

筆者:孔靖茵

2019年10月20日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com