表面

クロメート

クロメート(chromate)とは、CrO42−を含む塩類のことである。普通のは黄色であるが、ビクロメート(bichromate)は濃い赤色である。一般的に、クロメートバリウムは黄色の顔料として用いられ、溶性クロメートはよく酸化剤となめし剤として使用される。

クロメートは強い酸化作用を持っている。溶液中で酸性化にするとき、ビクロメートに転換し、その色も黄色からオレンジ色に変化する。

一方では、アルカリ金属やマグネシウムのクロメート、例えばクロメートナトリウム、クロメートカリウム、クロメートマグネシウムなどは水に溶解することができる。しかし、他のアルカリ土類金属や重金属のクロメートは水に溶解することができないのだ。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E9%93%AC%E9%85%B8%E7%9B%90/4695462?fr=aladdin

クロムは、可変原子価要素であり、自然界で異なる原子価状態で生じており、そして異なる鉱物を形成できる。

クロメート塩鉱物は、金属元素カチオンとCrO42−の組み合わせによって形成される塩の一種であり、しかも通常で風化条件下で形成され、鉱床の酸化ゾーンに存在するものである。クロメート塩鉱物の最も顕著な特徴は、その明るい色のことである。通常では、色は黄色、オレンジ、または栗色、緑色(銅を含む場合)である。また、一般的に、その硬さはあまり高くなく、比重が2ー3の間である。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E9%93%AC%E9%85%B8%E7%9B%90/4695462?fr=aladdin

https://baike.baidu.com/item/%E9%87%8D%E9%93%AC%E9%85%B8%E7%9B%90/1878110

筆者:孔靖茵

2019年10月18日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com